Event is FINISHED

IFC AI Briefings March 30, 2017 Tokyo

Description

基調講演 アヤ・ズック / Chief Business Development Officer, DefinedCrowd

    「DefinedCrowdのロードマップ:世界戦略、開発計画、日本での展開」

講演1  江藤哲郎 CEO & Managing Partner, Innovation Finders Capital

    「シアトルAIミートアップ4.0速報:日本企業の提携先候補の紹介」

講演2  トム佐藤 Managing Partner, Innovation Finders Capital

    「米国トランプ政権と日本企業がとるべき対策:Launch Padの紹介」

講演3  テッド・ジョンソン / Partner, Orrick Tokyo

    「米国スタートアップとのビジネスの実際:ライセンス契約からM&Aまで」

終了後:名刺交換会


 Innovation Finders CapitalIFC)は2017年オリック東京にてIFC AI Briefingsを開始します。日本企業の経営者、経営企画、新規事業開発、研究開発、投資部門向けで、当社初の有料研修セミナーです。

 第1回は、シアトルからアヤ・ズック氏を招き基調講演して戴きます。ズック氏はMicrosoft AcceleratorPrincipalとして多くのAIスタートアップを育成し成功させているトラック・レコードの持ち主です。本年から、自らが手掛けたDefinedCrowd社にChief Business Development Officerとして移籍。シアトルでは衝撃のニュースとして伝えられました。

 DefinedCrowd社は、インテリジェント・データのパイオニアで、ML(機械学習)向けに人間の言語など複雑なデータを構造化し生成する技術では、最もグローバル・スタンダードに近い存在です。同社の技術は既にamazongoogleIBMに採用され、ソニーからの出資を受けるなど日本企業との提携も進んでいます。日本生まれで日本語も堪能なズック氏から、同社の世界戦略、開発計画などのロードマップを中心にお話します。

 IFCはワシントン州政府とOrrickの協賛によるAIミートアップを、本年はシアトルで四半期毎4回、東京で7月に1回の計5回開催します。通算で第4回目となる春の「AIミートアップ4.0」は315()17()にシアトルでの開催で、現地スタートアップ等150名に対し日本企業はソフトバンク、NEC、デンソーなど1123名の参加です。この4.0開催直後のレポートを、IFCCEO江藤哲郎から、また米国トランプ政権と日本企業がとるべき施策についてIFCのマネージング・パートナーのトム佐藤からお話します。

 オリックジャパン・プラクティスは、国内案件及びクロスボーダーの案件においてクライアントに質の高い法務サービスを提供しています。当事務所は30名以上の弁護士と法務スペシャリストを擁し、企業法務、M&A、紛争解決、雇用法、エネルギー、ファイナンス、知的財産権、不動産など、様々な分野の法務アドバイスを行っています。オリックの150年の歴史と世界有数の法律事務所の一翼を担うオリック東京オフィスの弁護士は、米国、ヨーロッパそしてアジアの各地に所在する25のオフィスと完全かつスムーズに連携しています。


IFC主催(Orrick協賛)2016年AIミートアップ@シアトル開催実績

 第1回:39日~11日、2回:68日~10日、3回:1130日~122

これまで参加の日本企業様:アクロディア、SMK、エプソン、スター・マイカ、ソニー、ソフトバンク、電通、電通国際情報サービス、ニコン、日本ラッド、バリューアディッド・ジャパン、光通信、ヤフー(五十音順)

これまで参加の現地スタートアップ等:累計約300

 IFCAIミートアップは、日本企業各社様と共にワシントン大学やAI開発大手などを訪問し、シアトルのAIスタートアップ・コミュニティに実際に相対してイノベーションのニーズを説明し、One-on-Oneの個別面談による商談まで行う、3日間のイベントです。

Thu Mar 30, 2017
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥5,000
報道 FULL
Venue Address
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー28階 Japan
Directions
東京メトロ南北線・六本木一丁目駅直通
Organizer
IFC AI Briefings
34 Followers